So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

血液検査データ

P_20190612_074549_DF-EFFECTS.jpg

「術後の経過は良好です。
検査の数値もすべてよし。

あとは、三か月後に血液検査しましょう。
一年に1度は内視鏡ですね。」

執刀医の力強い言葉。
ならばきっと良好なのだろう。
本人は、まだまだ違和感が残り、体力が戻らない。

「仕事してるんですか?デスクワーク?」

「はい、現場もあります。早朝に出ることも・・・」

「あ、それはきついね。」

「むにゃむにゃ・・・」

まあ、何とかなっているような大腸がん切除後の日々。

来週は、心臓のほうの受診日。

もう、半年過ぎちゃったな。2019年。

P_20190626_210608_vHDR_On_p.jpg

入院中から、
阿久悠さんの半生記「星をつくった男」や自著の「愛すべき名歌たち」と題するエッセイを読む。
自分の半生と時代がかぶっていてとても面白い。
入院中や、待ち時間に読むのにとても良いセレクトだった。

加えて、井上ひさしさんの「伊能忠敬伝・四千万歩の男」を読み始める。
これまた面白い。

体調が悪いと気分転換に流れがちなのでこうして本を読む機会が増える。

P_20190626_210330_vHDR_On.jpg

さて、夏はどうなるのかな。


nice!(14)  コメント(8) 

気分転換。 [空気]

なんだか、ぱっとしない曇天の朝。
低気圧のせいかやや頭が痛い重い。
注文してあった「レースのカーテン」が宅配で届く。
気分転換になるなと思い、さっそくベランダ窓の架け替えをする。
明るさが増してこれはよかった。

P_20190615_132839_vHDR_On.jpg
昨日は、長男が来てくれて、ずっと気になっていた
庭と家周りの木を剪定してもらった。
クルミを切り、いつの間にやら伸びた白樺を切り
姫リンゴもバッサリ。
隣家などに伸びて迷惑をかけていたのが
やっと解消。
眺めていたかった緑だったが、トラブルになるのでは困るので致し方なし。
ストレスが軽減したので二重丸でした。
頼もしい限りです。

不在のうちに
咲き出していた手入れフリーの薔薇が美しく迎えてくれました。
P_20190612_074549_DF-EFFECTS.jpg

二人に一人は癌の時代だとか、
自分には縁がないように思っていたが、
狭心症に始まり、大腸癌と今年は出し切ってる感がある上半期。
もういいかなと思うのだが・・・・
まあ、どちらも自覚症状なしだったのが早く見つかって
命拾い。
まだまだ、生きてもらいますよと促されているようです。

nice!(18)  コメント(6) 

不在の時を埋める [記憶]

6月7日
退院しました。
P_20190603_195817_vHDR_On.jpg

まだ全快とはいいがたいものの、がん部分はスパッと切り取り
再吻合して開通。
7時間越えの手術でした。

あとは自宅で療養リハビリです。
P_20190608_093509_vHDR_On_p.jpg
庭に季節が移ろっていました。
P_20190608_093556_DF.jpg
P_20190608_093731_DF.jpgP_20190608_093811_DF.jpgP_20190608_093919_DF.jpgP_20190608_094220_DF.jpgP_20190608_094548_DF.jpg

今朝、ライラックに木に「アカゲラ」が来ました。
久しぶりです。
おかえりなさいの挨拶かな・・・・
nice!(16)  コメント(12) 

整理と追憶 [人]

俎板の鯉になるべくおとなしく身辺整理などしていると
いろいろと、ぽろぽろと記憶が零れ落ちてくる。

6年半過ごした
東端の街で様々な人に出会った。
そして、自分自身の知らなかった手の技も身に着けることができたり、
そんな中に、とても気さくに接してくださった漁師さんがたくさんいました。
みんなどうしているかなあ。
P4161169 - コピー.jpg
Kinnちゃんには頼まれて鯛のマキリケースを彫った。
マキリの柄も軽い樹などでしつらえると海上でうっかり落としてもすぐには沈まない。
そしてなんでも目立ちたがりなのでケースも大げさに作る。
へたくそな出来だったが喜んでくださった。
かなり傷心と混乱と不明の中でたどり着いた街で
本当に皆さんにお世話になりました。
古いスライド用のポジフィルムを無理くりデジカメで撮影して
眺めてみました。
懐かしい懐かしい追憶写真館。
P4161130.jpg
岬のお店は冬はとてつもなく暇になります。裏の草原で歩くスキーを楽しみました。
P4161144.jpg
これが、「Tesylop:テシロップ」海面がシャーベット状に凍ってきて波に揺られて紋を描き出す。
P4163786.jpg
ミズナラの風衝林が厳しくも美しかった。
P4163794.jpg
P4161173.jpg

さて、やっと入院日が来週半ばに決まり、ほっとしたやら
反面、あわただしく準備を進め始めました。
忙しくなるとブログを書きたくなる。
現実逃避の面もありありです。
退院してきたら「初夏」です。
P_20190512_162829_DF.jpg

nice!(19)  コメント(6) 

腹腔鏡下手術を待って [記憶]

散策して疲れたのでベンチに腰掛けるとタンポポが二輪。
P_20190509_103828_vHDR_On.jpg
かわいいなとみていると日差しが強まって影ができた。
目の光った怪人出現。
札幌市北方自然教育園へミニドライブしました。
この季節の香りは入院してしまうと逃してしまうので、
ちょっと行ってきましょうと出かけた。
P_20190509_100931_vHDR_On.jpg
桜は八重が咲き、梨などの花がきれい。
妻も思わず一回り歩いて心地よく疲れた。

その前の連休中に、東京から孫が来て遊んだ。
P_20190504_144005_vHDR_On.jpg
北大の散歩も楽しみました。
P_20190504_163301_vHDR_On_p.jpg
P_20190504_162616_vHDR_On.jpg
子羊が生まれて賑やかでした。
学生さんがケア中の子羊とネットのそばまで来てくれました。

さて、20日過ぎにいよいよ手術になりそうです。
信仰上の信念ゆえに輸血はしないので、医師もスタッフも
よく理解して対応してくださいます。
腹腔鏡下手術で、輸血は想定していないものの
命の危険の伴う緊急事態に備えて医療上の免責証書を作成し
病院の皆さんの不必要な責任を問わない旨を交わします。
綿密な検査の結果は
一応、転移もなくて良性ではないかとの見立てでしたが、
大型連休が挟まってしまって、さっぱり予定が出ずに
待ちくたびれて。
前後、結構入院しそうで、ソワソワ。
仕事の引継ぎもそわそわ。

庭のスズランもライラックも
P_20190512_162718_DF.jpg
P_20190512_163127_DF.jpg
退院してきたら終わってるかなぁ。
nice!(18)  コメント(8) 
前の5件 | -